ペンを額に

霜月のブログ。「本好きの下剋上」(なろう)「青の軌跡」(BL)が好き。書きたい放題しています。ネタバレと妄想しかありません。合わない人はバックして下さい。

殺りん歓喜

あああああああああ

殺生丸様が産んだとか、邪見様が母親なのでは、とか界隈ではあらゆる考察(妄想)が飛び交っていましたけどもw

りんちゃんだったじゃん~~~~~~~~~~~~!!(それしかないわな;)

嫁・りんちゃん・確定!!わーーーい☆

けれども(;;)
産んですぐに双子はりんちゃんの側から離されるのでした。。。(りんちゃんも辛いけど、殺生丸様も絶対しんどいやつ)

りんちゃんの殺生丸様への信頼と殺生丸様のりんちゃんへの愛情がカンスト!!メーター壊れるぅ!

あ、そういえば邪見様が守役となったようで、邪見ママという呼称が定着しそうですww



それにしても
そっか~~~~
殺生丸様がりんちゃんを……ね
まぁ、大大大好きなのは知っていましたけど、公式がこんなにキッパリ嫁固定するとは思わなかったもんでビックリしたw
なんか上手く濁すんかな…と;



私りんちゃんは勝手に14歳くらいだと思ってる
14歳の母、ですw
でも14歳で初産で双子ってそうとうキツイよね。。。
もうちょい年齢上なのかな?それにしたって若いけどねw
とにかく安産だったみたいで「良かった~」て気持ちのほうが強い
りんちゃんが時代樹に封印されてるの見たとき、もしや出産のときに命が~だと思ったから。


殺生丸様とりんちゃんがそうなるに至るまでを妄想するんだけど、
殺生丸様スパーン!と言う気がするんだよねw
こういうことで曖昧なこと言ったり、ウジウジする男じゃないと思うから

以下、妄想
懸想を自覚したりんちゃんは殺生丸様に告白する。
「……殺生丸様、りんは殺生丸様とずっと一緒にいたいと思っております」
「ずっと一緒にはいられぬ。りんも私もいつかは死ぬだろう。だが、そのときまで共に生きることは出来る。……私と夫婦(めおと)になるか?」


直球!どストレート!だが、そこが良い!

あの娘(こ)が欲しい

「ローゼマイン、貴族院で作った婚約の魔石を見せなさい」

「はい。(ゴソゴソ)どうぞ?」

「君は私の他に、夫を持つつもりはあるか?」

「へ?ないですよ?」

「では、これはもう要らぬな」

「あ!なに盗んでるんですか!」

「人聞きの悪いことを言うな。君の夫は私しかいないのだから、君が作った婚約の魔石は須らく私のものということだ」

「横暴です!」



====================
ロゼマの作った婚約の魔石全部欲しいマン
でも、フェル様は「欲しい」という言葉が言えません┐(´ー`)┌

こども

フロ様が第四子を出産したのが35歳(くらい)とすると

ロゼマも15歳から35歳まで子作り出来るよね。


フェルは最初子供は3人くらいを予定してたんだけど、魔力の色同じだし、やることやるし、ロゼマ以外を抱くつもりも無いので結局ロゼマをたくさん孕ますことに。
気づけばこどもは当初の予定の倍の6人にww

ユストクスに「いい加減になさいませ」と窘められるw
「全部ローゼマインが悪い」という心の声を誰にも言えず、
黙して受け入れるフェルディナンドであった(爆)



エーレンフェスト時代とは別の意味で精神力を試されるフェルディナンド!可哀想!!(≧◇≦)

ラブ・ストーリーは突然に…

生まれ変わってもまた13歳差。
マインは13歳。
私は26歳。
神々を呪えば良いのか?
再会は夏のはじまりだった。

マインは以前の記憶を持っていた。
私と夫婦だったこと、なにもかも全て覚えていた。
それだけで、号泣してしまいそうだった。
私はついさっき神々を呪おうとしたことも忘れて、最大級の感謝をした。
もちろん、今生でも君の夫になるのは私だ。
アレキサンドリアで君に甘やかされて愛されて、私がどれだけ我儘になったと思う。
今生では別の人生を?別の配偶者を?
出会う前ならいざ知らず、こうして出会った後に君を諦める?
そんなことは有り得ないし、私以外の男を君の彼氏・夫にするなど許さない。
全ては君のせいなのだから、君が責任を取って私をまた夫にしなさい。

「マイン、君のご両親に挨拶に伺いたい」
「うえっ!?いきなりですか?いくらなんでも怪し過ぎますって。今両親に話したら速攻で別れろって言われますよ?それに、どこで知り合ったことにするんです?不自然ですよ」

いささか感情的になりすぎていたようだ。
マインの冷静なツッコミが痛い。
真実を話すことも出来るが、今度は宗教関係の人だと思われ二度と会うこともできなくなるだろう。
まずはどういう経緯で今生のマインと知り合うこととなったのか、か。
お互いの現状を簡単に話し合ったが、マインと私にはなんの繋がりも見えない。


「……SNSで知り合った。というのはどうだろうか?」
「ちょっと怪しいですけど、本当に結婚するカップルもいますものね。本の感想を言い合ううちに仲良くなって……とか良いかもしれませんね!」
「ひとまず…」
「それはそうと…」
「「LINEを交換しよう(しましょう)」」







===========================
フェルはアリバイのためだけにtwitterを始めますw
もちろんマインしかコンタクトは取りません
マインは(人生三回目なので)非常に賢いと両親に思われてます。
図書館通いするマインのためにも携帯を与えています。

大領地の傲慢

大領地ってホント傲慢だよねぇ

しかも態とやってないんだよ;
ナチュラル傲慢www

全ては下の者の気持ちが分からないという点なんだろうなぁ。
他者が遠慮してる、へりくだってるという意識がないから、彼らは対等に扱ってるつもりなんだけど、そもそも対等じゃないから相手は我慢してるだけだっていう。。。で、その我慢が分からないから相手が十分納得して双方心地良い関係を築けているって勘違い、自己満足してる。


これ全盛期のヴェローニカ派とライゼガング派でもそうでしたね。。。



上から下に近づくのはマズいんですよ。下に拒否権ないから
本当に仲が良かったら、下からも上に近づくはずですww
それが無い時点で察してくださいって感じ

直接触る

そっか。手と手を重ねるだけで破廉恥なあの世界では、額、首筋、手首に手を当てる行為は紛れもない破廉恥なのか。。。フェルは同性でも医師でもないし。それにロゼマとフェルは結婚出来る間柄だから余計ヤバいか。。。

読み返し

うーん、ロゼマがアウブ・アーレンスバッハになった時点で、前領主一族は殺しても良いはずだし、なんでメダル破棄しなかったのかな~

敵が領地内にいないから破棄しても死なないのは分かるけど、シュタープという最大の武器は消滅させられるんだし、ゲオの狙いがエーレンの礎ならシュタープ消滅は効果的だよね??

何故やらなかったんだろう……?

あとベルケシュトックのどのギーベからも連絡が返ってこない、とユストクスが言っているので、旧ベルケシュトック本当にアレキサンドリアから切り離されて当然だな;

神様

あたしは森で神様を見たことがある。
あたしがそう言うとみんな笑うから、普段は言わないようにしてるけどホントに見たんだから。
誰かがそれはお貴族様だと言った。偶然会ったのだろう、と。
けど、違う。あれは、絶対に神様だった。
美しい、全てが美しかったの。

日差しを遮る木陰に二人はいたわ。
木の側に絨毯を敷いて、仲良く腰を下ろしていた。
見たこともないような美しい衣装、美しい装飾品、未だに覚えている。
有り得ないような大きさの布が腕を優しく覆っていて、スカートは布が幾重にも重なりふんわりと柔らかそうだった。
男性のほうも有り得ない豪華さで、燦然と輝く白い袖口が金糸の刺繍に縁取られていたのをやけに覚えている。
男性も女性もとても美しかった。この世のものではない、とあたしにはすぐに分かった。
あんなのが同じ人間であるはずがないのに。みんなときたら。

周囲には微かに美しい音楽が流れていた。美しい人たち、美しい光景。
男性が女性のまっすぐに長い髪を掬ったかと思うと、そっとそれに唇を寄せた。
どうなってしまうのだろう!
あたしは一人で勝手に慌てた。
慌てたことが馬鹿みたいに、何事もなく二人は同じようにそこに居続けた。
あたしは我に返り、一目散に家に帰ったのだ。






===================
貴族・ローゼマインとフェルディナンドを見た平民の感想というものが書きたかったので、状況に無理があるのには目を瞑ってくださいw
ちなみに、これはピクニックなので(二人の基準からすれば)そんなに豪奢な装いをしているわけではないんです;
領主会議で着る衣装はもっとキラキラ眩しいでしょうね。。。恐ろしいです